エストロモンは馬の尿から作られてるの?

エストロモンは馬の尿から作られるの? 衛生面は大丈夫?

エストロモンは女性ホルモン剤で更年期障害をはじめとした女性特有の病気治療に効果があります。

 

そんなエストロモンは馬の尿から作られているというウワサを聞いた事がある方もいるかと思われますが、それは真実です。果たしてどのように馬の尿から作られているのでしょうか?

 

そして、馬の尿から作られていると「汚い」と思われる方もいるかもしれません。衛生状態は大丈夫なのでしょうか?

 

そういったエストロモンの疑問点について解説していきたいと思います。

 

エストロモンはどうやって馬の尿から作るの?


エストロモンは台湾の生達製薬という製薬メーカーが妊娠中の牝馬の尿から抽出した成分を工業的に精製することで作っています。

 

昔の話になりますが、1940年代帝国臓器製薬会社という女性ホルモン剤を製造する製薬メーカーの工場が北海道にありました。

 

周辺農家から集めた農耕馬の馬尿は処理施設で濃縮され、最終的に十勝の工場で処理され、川崎市の工場に出荷されそこから首都圏を中心に販売されていました。

 

妊娠中の馬の尿内に含まれる有効成分「硫酸エストロン」の濃度は馬の妊娠期後半の(10~3月)に濃くなり、販売価格も上昇します。それにより、農作物が育ちづらい時期の収入源となっていたようです。

 

この妊娠した馬の尿採集と煮詰める処理は、馬尿景気とでも呼ぶべき状況をもたらしました。しかし、やがて海外産の工業的精製をする女性ホルモン剤の輸入に押されて帝国臓器の十勝工場も閉鎖することになりました。

 

現代ではエストロモンをはじめとした工業的に精製された女性ホルモン剤が流通しています。

 

エストロモンの先発品であるプレマリン(効果は同じ)のつづりは「Premarin」で、「Pregnant mares urine(妊娠中の牝馬の尿)」の合成語です。

 

エストロモンは馬の尿から作って汚くないの?


馬の尿とはいったものの、直接馬の尿が入っているわけではありません。

 

昔は馬の尿を煮詰めて作っていた時代もあったようですが、、流石に現代ではそのようなことはありません。成分だけ抽出し、科学的に精製することで作っているので衛生面では気にすることはないでしょう。

 

もしも、エストロモンを安全に安く買いたいのであればオオサカ堂を利用するといいでしょう(0.625mg1錠:¥23)。

 

エストロモンはこういう薬


エストロモンは妊娠した牝馬から集められます。エストロモンを馬から集めるといっても使われるのは馬の尿です。馬自体から取るわけではありません。女性は年齢を重ねていくと体内の女性ホルモンの絶対量が減少してしまい男性ホルモンが優位になってしまうので、常にイライラした気持ちが続いてしまう更年期に陥ったり、肌や髪の毛の様相が健康的ではなくなってしまいます。一度消失してしまったホルモンを自力で増やすことはできないので外部から追加してあげる必要があり、その時に用いるべきなのがエストロモンです。妊娠中の馬から精製されます。既に先発医薬品として使われていた製品のジェネリック医薬品というのがエストロモンの概要であり、効果の高さはお墨付きですし安全性にも優れています。

 

そのため、定められている朝と夜に2錠ずつ用法用量をきっちりと守って使用していれば、軽度な副作用でさえ心配する必要がありません。ただし、安全性が高いとは言っても体内に有害物質が取り込まれていると、思わぬ副作用が発生する可能性があることから、エストロモンを服用している間は禁煙を徹底するようにしてください。喫煙を継続したままエストロモンを使うと、血管が収縮し目眩や動悸に襲われ健康を害してしまうリスクが高まります。

 

つまり、エストロモンでトラブルに見舞われる可能性があるのは、喫煙しかないという捉え方もできるほど安全なのです。

 
http://www.seikowatchesdu.com/ http://www.mlb-caps.com/ http://www.proxygratuit.biz/ http://quest4sony.com/